HOME >  セミナー情報 > ITIL® > 累積合格者率100%継続中! ダントツ日本一!ITIL®エキスパート研修

EXIN認定 ITIL®エキスパート研修コース

 このITILエキスパート研修の実績は、驚異的な累積合格者率100%(全5科目とも H29.5.18現在)となっています。それでいて試験付き研修費は80万円から。通学(スクーリング)は10日ですがeラーニングを積極導入することにより、通学しなくても受験できるように設計しました。さらに合格あんしんオプションもご提供しています。

 ITILエキスパート資格は、これまでインターメディエイト4科目のすべての合格が必須でしたが、内1科目をITILプラクティショナー資格で代替できることとなりました。ITILプラクティショナーは、ITILの導入・改善や、新しいシステムの導入のスペシャリストです。したがって、戦略・設計・移行・運用から、特に必要とする3科目と組み合わせて、いち早いITIL導入が可能になります。 アークは、この組合せ研修を世界で初めて開始いたしました。

ダントツ!ぶっちぎりの合格率日本一です
【累積合格者率 No.1
5年連続
   100%!
(SOA PPO RCV OSA MALC 100%)
(平成24年3月よりの弊社全開催実績値)
【最低価格保証

【研修費などご相談下さい】
  • 研修費の金額を含み、支払時期・分割支払など、社内規定による制限のため、通常のお支払いが困難な方は、お気軽にご相談ください。
  • 各社の実情にできる限りのご配慮を致しております。
試験概要 開催スケジュールとお申込み
  • インターミディエイト4科目と、MALCの合格が必要
     ただし、アークではSOA、PPO、RCV、OSAの内、1科目はITILプラクティショナーに代替可能 
  • 試験時間 各90分 (MALCのみ120分)
  • 問題数  4肢択一式 8問 (MALCのみ10問)
  • 合格ライン 70%以上の正解
  • 関連書籍 持ち込み不可
お申込みはこちら
研修コースのオプション プレゼント
合格体験記 研修コースの特徴
コースの詳細はこちら

【関連コースのご案内】

交通アクセス 懇親会と合格祝賀会(参加無料)
  • 東京メトロ 丸ノ内線・南北線
     後楽園駅より4分
  • 都営地下鉄 三田線・大江戸線
     春日駅より2分

◎研修状況と合格者率◎

科目 累積合格者率(スクーリング参加者) H24年3月よりの全開催実績
SOA 現在の累積合格者率100%(過去最低値94%)  コースの準備に2年あまりをかけた成果が現れ、全員合格と幸先のよい結果となりました。 後続クラス続かず、残念! しかし、すかさずリベンジ1発で100%を回復しました。 2007年版試験は最終合格者率100%で大団円となりました。
 これより2011年版試験です。またまた全員合格の行進が始まりました。 おっと、久々に不合格者が。残念ながら、全員合格・全科目100%合格の一角が久しぶりに崩れてしまいました。申し訳ありません。でも、またまたリカバリ成功で100%回復です。ふたたび全員合格の行進が続いています。
PPO  現在の累積合格者率100%(過去最低値97%)  またまたの快挙 全員合格です。最高得点はナント100点満点! 後続クラスも続いて全員合格! PPOは、落ちた方がおられません。おっと、申し訳ありません。足かけ3年目、ついに不合格者を出してしまいました。でも、ただちに戦線復帰です。満点合格者も多数です。2007年版試験は最終合格者率100%で大団円となりました。
 これより2011年版試験です。またまた全員合格の行進が始まりました。 おっとと、またまた不合格者を出してしまいました。2科目でまだ合格していない方がおられる状況は、初めてです。これは緊急事態です。なんとかしなくては... と、思っていたら、見事1回でリカバリされて、またまた100%回復です。そして全員合格の行進が続いています。
RCV  現在の累積合格者率100%(過去最低値98%) 
 当然となった 全員合格です。いつ途切れるかが、受講者のみなさんの関心事になってきました。まさかオレが!(^^;) おっと後続クラスで残念が出ましたが、100点満点の方も ...  こちらもリカバリショット1発で全員合格を回復しました。後続クラスも満点を含み全員合格の快進撃です。2007年版試験は最終合格者率100%で大団円となりました。
 これより2011年版試験です。またまた全員合格の行進が始まりました。 おっと、2011年版初めての不合格者を出してしまいました。こちらも、1回でリカバリショット成功です。残念ながら、久々に2人目の不合格者がでました。でも、半月あまりでまた100%回復です。現在も全員合格の行進中です。 
OSA  現在の累積合格者率100%(過去最低値92%) 
 第1期生から、恐れていた不合格者を出してしまいました m(_ _)m。 でも「今度は満点かも」と1発でリベンジです。 その後は、こちらも、後続クラスも満点を含み全員合格の快進撃です。2007年版試験は最終合格者率100%で大団円となりました。
 これより2011年版試験です。またまた全員合格の行進が始まりました。 
MALC  現在の累積合格者率100%(過去最低値94%)   難易度が高いといわれているMALCも、ついに第1期生全員1発合格の快挙です。最高得点はナント95点!  続いて第2期生も全員1発合格です。その後の第3期生~も全員合格達成です。 さらに、5科目ストレート合格者も続々です。2007年版試験は最終合格者率100%で大団円となりました。
 これより2011年版試験です。 やや、2011版試験はむずかしい?! いきなり不合格者が...。 合格者もぞくぞくですが、たまには再試験者も...。しかし、これもリカバリ一発でまたまた100%回復です。こちらも全員合格の大行進中です。
  宣言します!ITILエキスパートは、やさしい試験なのです(^^;)  
        【合格体験記・体験談は、ここをクリックしてください】

◎合格率について

 非常に難しいと定評のあるITILエキスパート試験ですが、その合格率は、どれくらいなのか? AXELOS社が公表している世界の合格率は、SOA~OSAのインターメディエイト4科目が70~81%、MALCが66%(2013.10)となっています。
 しかし、国内の数値は公表されていません。もし、海外の合格率と大差がないのであれば、「非常に難しい」どころか、「非常に易しい」というべきでしょう。研修機関も競って公表するはずです。合格情報を公表している研修機関は、弊社以外にはありません。インターネットにも情報は少ないのですが、国内の合格率についてのインターネット情報は、次のとおりです(内容について弊社が保証するものではありません)。

 (1)ABシステムソリューション 福島さん 
 インターミデイエイト4科目は各40%程度、最後のMALCは約10~20%

 (2)資格リッチさん
 ケイパビリティ・ストリームSOA,RCV,PPO,OSA試験の合格率は大体70~80%程度、MACL(マルクと呼ばれます)は30~45% ただし、MACLについては別格に難しい、もっと低いかも

 (3)「次世代型サラリーマン」飯塚さん
 「ITILエキスパート」は、取得に必要となる各試験(5科目)の合格率が4割を切ると言われている。

 (4)SATさん
 あとMALC受かればエキスパートなのだが。試験の合格率がたしか40%くらいと聞いて尻込み中

 研修開始以来の累積合格者率を公表している研修機関は、弊社だけです。それも、100%を実現してダントツ日本一の高合格率となっています。

このページの一覧メニューに戻る

ITIL®エキスパート研修費(円、税別)

ITIL®エキスパート(全5科目)
ITIL®エキスパート(全5科目) 「すご訳 ! これだけコア書籍」全冊付き
コース 研修
(本 体)
オプション
(追加選択)
コースの特徴







No 名称 概論講義 eラ
|
ニング研修
EX

N認定試験
通学スク
|
リング研修
在籍期間延長OP 合格あんしんOP 合格保証完全返金OP 導入サポ
|
トOP
導入サポート3か月付きコース -  導入の目的で資格取得される方のためのコースです。取得後3か月間コンサルティングが受けられます。 300.00
導入サポート1か月付きコース -  導入の目的で資格取得される方のためのコースです。取得後1か月間コンサルティングが受けられます。 200.00
合格保証・完全返金オプション付きコース -  他社でどうしても合格せず、もうあきらめている方だけの専用コースです。それでも合格させる自信があります。1年間がんばって、万一、合格しなかった場合は、全額をご返金致します。 200.00
合格あんしんオプション付きコース - -  5科目合格するまでの再試験・再受講費用もすべて含んだコースです。万々一、何度不合格になっても、追加費用は一切発生しませんから、安心です。合格まで、最長1年間の余裕があります。 128.00
在籍期間延長オプション付きコース - - -  多忙のため、通学研修の欠席が予想される方に、在籍期間を長く設定しました。 108.00
標準コース - - - -  他社と同様の一般的なコースです。驚異的な低価格で5科目の資格取得が可能です。国内最低価格を保証致します。 90.00
eラーニング専科 - - - - - -  多忙なため通学は無理という方に、eラーニングのみで受験資格が得られます。 80.00
ITIL知識修得コース - - - - - - -  ITIL知識のみ必要、資格不要という方に、最適です。 70.00
オリエンテーションコース - - - - - - -  他社受講でどうしても合格しない方に、100%合格のノウハウをご提供します。 18.00

  【拡大版 ITIL®エキスパート研修 一覧】は、こちら

【お支払いについて、ご相談下さい】
 研修費の金額を含み、支払時期・分割などの支払方法など、社内規定による制限のため、通常のお支払いが困難な方は、お気軽にご相談ください。貴社の実情にできる限りのご配慮を致します。

このページの一覧メニューに戻る

ITIL®インターミディエイト(特定1科目)
ITIL®エキスパート(特定1科目) 「すご訳 ! これだけコア書籍」1冊付き
コース
記号
オプション 研修費(税別)
試験 合格あんしん 電話サポート
× 270,000
× × 250,000
× × × 220,000

【国内最低価格保証】
 業界で一番の低価格を指向しています。さらに「国内最低価格保証」を致します。他社が同一内容のコースを、より低価格で提供開始した場合は、同額と致します。 通常価格、キャンペーン価格、会員価格などを問いません。 適用ご希望の方は、あらかじめ、ご連絡下さい。

【お支払い方法について】
 お申込みあり次第、受講証と請求書をお送りします。原則として、開講1週間前までにお振り込み下さい。
なお、法人の場合は、各社の支払い規定によりますが、その場合はあらかじめご連絡下さい。

このページの一覧メニューに戻る

集合教育&試験 開催スケジュール

開始 開催日 会場 状況 研修申込
H29
1月
開講 (ITIL EXP概論) 1月10日(火) 東京 受付終了  
2月 開講 (ITIL EXP概論) 2月13日(月) 東京 受付終了  
3月 開講 (ITIL EXP概論) 3月13日(月) 東京 受付終了  
4月 開講 (ITIL EXP概論) 4月17日(月) 東京 受付終了  
5月 開講 (ITIL EXP概論) 5月15日(月) 東京 受付終了  
6月 開講 (ITIL EXP概論) 6月19日(月) 東京 受付終了  
7月 開講 (ITIL EXP概論) 7月10日(月) 東京 受付終了  
8月 開講 (ITIL EXP概論) 8月14日(月) 東京 受付終了  
9月 開講 (ITIL EXP概論) 9月11日(月) 東京 受付終了  
10月 開講 (ITIL EXP概論) 10月16日(月) 東京 受付終了  
11月 開講 (ITIL EXP概論) 11月20日(月)
SOA 戦略実践能力 12月12日(火)~13日(水)
PPO 計画実践能力  1月16日(火)~17日(水)
RCV 移行実践能力  2月14日(水)~15日(木)
OSA 運用実践能力  3月13日(火)~14日(水)
MALC 全体管理能力 5月24日(木)~25日(金)
東京
本郷
受付中 お申込み
12月 開講 (ITIL EXP概論) 12月11日(月)
PPO 計画実践能力  1月16日(火)~17日(水)
RCV 移行実践能力  2月14日(水)~15日(木)
OSA 運用実践能力  3月13日(火)~14日(水)
SOA 戦略実践能力  4月10日(火)~11日(水)
MALC 全体管理能力 5月24日(木)~25日(金)
東京
本郷
受付中 お申込み
差換 SOA PPO RCV OSA研修の内の1科目は、ITILプラクティショナー研修に差し替えできます。
 ご希望の方は、お申込画面の備考欄にご記入下さい。

このページの一覧メニューに戻る

◎このコースをお勧めする理由◎

  1. 「すご訳 ! これだけコア書籍 SOA~MALC」の独自テキスト6冊を準備しました。

     ITIL®エキスパート取得に必要な試験の出題範囲(シラバス)に徹底的に合わせたテキストをご用意しました(対象コースNo.A~H)

      ITIL®は、5冊のコア書籍で構成されています。しかし、ITIL®エキスパート取得への5科目のインターミディエイト試験は、5冊のコア書籍とは1対1で対応していません。各試験のシラバスによれば、出題範囲は非常に複雑に入り組んでいます。これでは試験勉強をするには、常に5冊のコア書籍をアチコチと参照しなければなりません。これは大変な負担です。

     さらに、コア書籍の33.8%は、シラバスによれば出題範囲に含まれていません。試験対策からすると、この分離も大きな負担です。出題されない3分の1を勉強することに意義はありますが、資格取得してからにしてはどうでしょう。

     そこで、各試験ごとにシラバス指定の出題範囲だけをまとめたテキストが必要になりました。その時、ITIL®のコンサルタント達から指摘のあったコア書籍の改善点を同時に織り込みました。

    「すご訳 ! これだけコア書籍」の概要は、次のとおりとなっています。

    コンサルタントからの改善提案 アークの対応
    ①コア書籍の3分の1は試験にでない  出題される所だけに絞った「すご訳 ! これだけコア書籍」など6冊シリーズを作成しました
    ②5科目の試験範囲は、5冊のコア書籍と1対1で対応していない  5冊のコア書籍の必要部分だけを集めた後、さらに各試験科目に合わせて1対1に対応させました
    ③文字が延々と続き、理解しにくい  すべての段落に、小見出しと項番を、徹底的につけました
    ④イギリス英語は表現が分かりにくい  再翻訳権を取得して意訳し、できるだけ日本的な表現を取り入れました
    ⑤イギリス英語はセンテンスが長い  100文字以内にセンテンスを短くし、読みやすくしました
    ⑥理解できない記述個所がある  議論の上、なお意味が不明の個所には「(注)意味不明」と表示し、読者が無用の時間を費やさないように配慮しました
    ⑦文字が小さい  大きな活字(11ポ)を使用しました
    ⑧3文字英略語が分かりにくい  3文字英語には、フルスペルと日本語訳を付加しました
    ⑨索引がないので用語から探せない  約2000の重要な用語について各巻末に索引をつけました
  2. このページの

一覧メニューに戻る

  3. 「楽しく、ITIL®を記憶しやすいケーススタディ」を準備しました

      ケーススタディは、シンセン組です。もちろん、かつての新撰組ではありません。現代の株式会社シンセン組は、色々なビジネスを展開していますが、事業部門はそれぞれに問題を抱えています。

     みなさんには、日米のコンサルタント会社に属して、ITIL®に基づいた解決提案を作成していただきます(対象コースNo.A~G)

     スクーリング(通学研修)において、シンセン組にプレゼンテーションを行います。提案の評価は、両社のディベートによりゲーム感覚で行われます。単なる書き物提出より、格段に楽しく、記憶効率もあがります(対象コースNo.A~F)

    ケーススタディ:シンセン組ケーススタディ:シンセン組
  4. このページの一覧メニューに戻る

  5. 「忙しいみなさんに時間の自由」を準備しました

     eラーニングは、会社や自宅からインターネット経由で学習できます(対象コースNo.A~G)
    eラーニングには、インターネットとFlashファイルが読める環境が必要です。確認はこちら。うまく見えない場合は、無償のAdobe Flash Playerなどの追加ソフトをインストールする必要があります。

     アークのITILエキスパート研修ではeラーニングのみが必須です。集合教育(スクーリング)への参加はオプションです。参加しなくても受験が可能です。その集合教育の日数も10日に半減させ参加しやすくしました(対象コースNo.A~F)。それでも、参加を予定していた日に、業務都合やトラブル対応などで参加が出来なかった場合は、1年以内の再参加が可能です(対象コースNo.A~E)

     他の研修機関の例では、5科目合計25日程度の日数が必要です。集合教育のため特定の日程をスケジュールに組み込む必要があります。これでは、多忙なみなさんには時間的にITIL®エキスパートは高嶺の花でしたが、アークの研修は、忙しいみなさんに最大限の配慮を致しています。

  6. このページの一覧メニューに戻る

  7. 「超!短期間で資格取得するパス」を準備しました

     会社都合などで、資格取得を急ぐ場合もあります。アークでは、超 ! 短期間で資格取得するため、eラーニングとオプションの集合教育を組み合わせることにより、可能としました(対象コースNo.A~F)

     アークでは年間を通じていつでも始めることができます。開始と同時に、MALC以外の4科目をeラーニングにより同時に学習し、原則として月2回実施する試験に合格します。EXINのルールに従い、次いでMALCを学習し試験に臨みます(対象コースNo.A~G)。同時学習の負担は軽くはありませんが、必要であれば、アークでのみ、このように最短期間で資格取得することが可能です。

     多くのITIL®エキスパート研修は、年に2~3回のコースが設定され、それぞれ6か月程度の期間を必要とします。アークでのみ、超 ! 短期間で資格取得することが可能です。転職を考えている方には最高の選択肢となります。

     SOA合格からMALC合格まで、これまでの最短実績は48日のストレート合格でした。

  8. このページの一覧メニューに戻る

  9. 「5科目の試験を一発合格」したITIL®エキスパートが準備しました

     ITIL®エキスパートとなるには、2つのルートがあります。1つは、ITIL®Ver2.0の最高資格ITIL®マネージャがブリッジ試験に合格するルート (この制度は終了しました)。
     もう1つは、5科目の試験に合格するルートです。アークの研修は、「ITIL®エキスパートへの5科目の試験を一発合格」したITIL®エキスパート/マネージャの有資格者が設計、構築しました。

     設計、構築者は、5科目試験合格のITIL®エキスパート日本人第1号です(ブリッジ試験によるルートは、選択もできましたが、あえて選びませんでした。)。さらに63種のライセンスをおおむね1か月以内の勉強で1発合格の実績を持っています(1つは1発合格できませんでした)。

     あなたが確実に合格されるように、これらのノウハウを研修のなかに、ふんだんに盛り込みました。ITIL®エキスパートの合格ノウハウの一部はこちらをご覧下さい。
    (注)受講料は改定されていますm(_ _)m。

  10. このページの一覧メニューに戻る

  11. 懇親会と合格祝賀会を設けました

     初日のオリエンテーション終了後に研修センター近くの東京大学の構内にある高級フレンチレストランで懇親会を行います。参加は、無料で自由参加です(対象コースNo.A~F)
    これから一緒に学ぶ仲間を親しく語り合い、苦しい時も、自分一人ではないとがんばる力の源となることでしょう。

     見事にITIL®エキスパートに合格されますと、東京・恵比寿ガーデンプレイスにある4つ星ホテルウェスティンホテル東京の超高級中華レストランと、今年正月に放送「ぐるナイゴチになります」の会場となった龍天門で、合格祝賀会を行います。こちらも参加無料で自由参加です(対象コースNo.A~F)
     難関を突破した仲間とリラックスしたひとときを共にすることも人生のよき思い出となることでしょう。

    懇親会会場そばの東京大学赤門合格祝賀会会場の龍天門
    懇親会会場そばの東京大学赤門
    合格祝賀会会場の龍天門
  12. このページの一覧メニューに戻る

  13. ハワイ旅行にペア1組様をご招待

     「よく学び よく遊べ」 がんばったご褒美として、ハワイ旅行にペア1組様を抽選でご招待します(対象コースNo.A~F)
     各科目試験に引き続きLoto3方式により、全員参加の抽選会を毎スクーリングに行います。5科目ならば、5回のチャンスです。
     ただし、ご招待は、スクーリングに参加することと、試験に合格することが条件ですよ(^_^)  

このページの一覧メニューに戻る

◎合格あんしんオプションもご提供します

 「追加費用なしに、合格したい ! (上司のハンコは一度にしたい ! )」という、ご希望にお応えしました。

 ITIL®エキスパートは、「だれでもが一度で合格」するような、やさしい資格とは言えません。そこで合格あんしんオプションをご準備しました。合格あんしんオプションには、お申込日より合格するまでの、すべての集合教育への参加と、原則として月2回実施(同一日1科目)する、すべての試験の受験費用が含まれています。有効期限は1年間ですが、その間は、「何度でも受講、何度でも受験」が可能です(対象コースNo.A~D)

 単純計算ですが、最大で2回/月 × 12か月=24回の受験費用が含まれている、アークだけの受講者目線の企画です。社内の稟議も一度で済みます。それでいて驚きの低額でのご提供です。(研修コースだけで、より高額の他社コースもあります。)

【合格あんしんオプションの概要】

  1. すべての集合教育(スクーリング)に、何度でも参加できます
  2. 万一の不合格の場合、再試験の追加費用は一切ありません。
      (ただし、試験手配後の自己都合による不受験は除きます。)
  3. 同一日の再試験は、いずれか1科目の集中選択とします
  4. 有効期限は、全科目合格するまで、もしくは申込日より1年間とします

     

◎「合格あんしん団体オプション」をご用意しました

 社内教育担当者様向けには、「合格あんしん団体オプション」もご用意しました(対象コースNo.D~E)。同一法人から5名樣以上同時申込されますと、集合教育への参加在席期間を、さらに2年まで延長します。
 今期に合格者数が延びない場合でも、そのまま来期に期待していただけます。お申込のときにご指定下さい。

このページの一覧メニューに戻る

◎「お試しオプション(完全無料)」をご用意しました

 「どんな研修なのか? 本当に自分にあった研修なのか?」という、お問い合せにお応えしました(対象コースNo.A~F)

 オリエンテーションと研修の初めの1科目の集合研修にご参加ください。その1科目研修終了時点で「引き続き参加する」か、「やめる」かをご判断下さい。

 もし、「やめる」を選択された場合は、理由の如何を問わず、一切のご請求は致しません。提供した教材一式をご返却ください。それだけでOKです。もし、「引き続き参加する」を選択された場合のみ、ご請求をさせていただきます。

 お申込時の備考欄に「お試しオプション希望」と記載していただくだけで結構です。

 研修内容と実績に自信があるからご用意できる、弊社だけのオプションです。このオプションを選択されても、研修費はそのまま変わりません。なお、特定1科目研修には適用がありません。

このページの一覧メニューに戻る

◎「ITILプラクティショナー」代替オプションをご用意しました

 MALC受験資格の内、SOA、PPO、RCV、OSAの1科目については、ITILプラクティショナー資格で代替できるように制度改正されました。弊社では世界で初めてITILエキスパート研修とITILプラクティショナー研修をドッキングさせ、この「ITILプラクティショナー」代替オプションを即日にスタートさせました。(対象コースNo.A~F)

 ITILプラクティショナーは、ITILの導入や新しいシステムの導入など、組織の変革を進めるスペシャリストです。
 このオプションは、次のような方にお勧めです。
  ・ITILの知識力と導入の実践力を、併せ持つ強力なマネジメントを指向する方
  ・戦略・設計・移行・運用の内、特定の分野についての必要性がない方
  ・戦略・設計・移行・運用の内、特定の分野について合格の自信がない方

 このオプション選択による受講費用の増減はありません。また、「合格あんしんオプション」を選択された場合でも、ITILプラクティショナーについての適用はありません。

 お申込時に「ITILプラクティショナー希望」と明記してください。

このページの一覧メニューに戻る

◎「土日開催コース」をご用意しました

 「資格は取りたいが、ウィークデーは休めない!」という、みなさんのご希望にお応えし、土曜日・日曜日開催のコースを新設しました(対象コースNo.D~F)

 お申込時に「土日コース希望」と明記してください。一定数の希望者が集まったごとに開催のご案内を差し上げます。

 研修費や研修内容は、ウィークデーに開催のコースと同じです。なお、参加できなかったスクーリングについては、後続するウィークデー開催コースに参加することができます(対象コースNo.D~E)

このページの一覧メニューに戻る

◎「ITIL®エキスパートロゴ入り革製の高級ネックストラップ」を贈呈致します。

エキスパートロゴ入り革製ネックストラップ
黒と茶色から選択できます

 「高度な資格の取得者であることをアッピールしたい」という、ご希望にお応えしました。

 客先へのプレゼンテーションなど、ITIL®エキスパート有資格者の活躍の場は、一段と拡がります。同じプレゼンテーションでも、エキスパート有資格者が行うことにより、より信頼性や迫力が増します。ロゴ入りネックストラップを掛けて、さりげなくアッピールしてください(対象コースNo.A~G)

このページの一覧メニューに戻る

 

◎「導入サポートオプション」をご用意しました

 研修終了後の一定期間(1か月または3か月)、ITIL®導入方法や疑問などについて、電話やメールにてコンサルティングサポートします(対象コースNo.A~B)
 通常のコンサルティングによるサポートもご相談に応じております。

ITIL®エキスパート(Expert)研修受講の前提条件

  1. ITIL®ファンデーション(foundation・Ver.3)資格を取得している方(Bridge可、Ver.2不可)
  2. ITサービス関連実務に2年以上従事された方
  3. 受験に必要な個人情報を、弊社とEXIN社へ提出できる方
     

 1~3の3条件がともに必要です。ITIL®ファンデーション資格がまだの方はこちら
申込手順と方法、コース受講者の登録は、EXIN社の受付条件により行われます。

 

ITIL®とは、英国政府がまとめたITサービスのベストプラクティス集です。ITILエキスパートとは、事実上のその最上位の資格です。
ITIL® is a registered trade mark of AXELOS Limited.

 

ITIL®エキスパート資格への試験概要

  試験略称  インターミディエイト5科目(SOA、PPO、RCV、OSA、MALC)
  試験時間  各90分(MALCのみ120分)
  問題数    8問(MALCのみ10問) (日本語によるペーパー試験)
  問題形態  4肢択一式 (選択肢ごとに5点、3点、1点、0点の傾斜採点方式)
  合格ライン  70%以上の正解
  関連書籍  持ち込み不可
  受験の順序 SOA、PPO、RCV、OSAの4科目合格後に、MALCを受験する
          ただし、4科目合格の内の1科目はITILプラクティショナーで代替可能です。
          お申込時に、ご指定下さい。
  模擬試験  研修お申込者に差し上げています

このページの一覧メニューに戻る

ITIL®エキスパート研修会場・交通のご案内

東京・本郷
 株式会社アーク エグゼクティブ研修センター
  〒113-0033
   東京都文京区本郷5丁目33番10号 IKB本郷ビル5階
               電話03-5577-5311
ITIL®エキスパート研修会場への交通のご案内はこちらから

ITIL®2007年版のエキスパート試験の実績

 現在のITIL®は、2011年版となっています。前バージョンV3の2007年版でのアークの実績は、次のとおり驚異的な結果で大団円となりました。
 SOA 戦略実践能力  合格者率100%
 PPO 計画実践能力  合格者率100%
 RCV 移行実践能力  合格者率100%
 OSA 運用実践能力  合格者率100%
 MALC 全体管理能力 合格者率100%
 

ITIL®マネージャでの実績

 ITIL®(Ver.2)マネージャ研修は、すべて終了しました。アークの実績は、次のとおり驚異的な高い結果となりました。ITIL®(Ver.3)エキスパート研修は、このノウハウを伝承しています。
◎ITIL®マネージャ合格率(SS/SD2科目合格者)......45.5% (国内の全体実績は4%程度)
◎SS/SD2科目一発合格者......2名
◎最高得点......69点 (60点台多数。合格者の平均は51~52点程度)
◎受講開始~合格までの最短期間......2か月      合格者の声はこちら
 

ITIL®エキスパート研修機関一覧

 ITIL®エキスパート研修機関には以下があります。(H27.02現在)

 ☆認定された自社コースの開催機関
   アーク
   ITプレナーズ(ITP)
   カチシステムプロダクツ
   グローバルナレッジネットワーク
   日本ヒューレット・パッカード(HP)

 ☆OEMなどによるコース取り扱い機関
   DIG2ソリューション
   NECマネジメントパートナー
   NTTデータ先端技術
   NTTラーニングシステムズ(NTTLS)
   クロスヘッド
   ビーエスピーソリューションズ(BSPSL)
   フェス(FESS)
   東芝OAコンサルタント
   日立インフォメーションアカデミー
   富士通ラーニングメディア(FLM)
 
  • セミナースケジュール
  • eラーニング

お客様の声

株式会社アーク

〒113-0033
東京都文京区本郷5丁目33番10号
IKB本郷ビル5階
TEL 03-5577-5311

MAIL ark@mail.co.jp