HOME >  セミナー情報 > ITIL® > 日本初の開講 ITIL®プラクティショナー研修

PeopleCert認定 ITIL®プラクティショナー研修コース(日本語)

 ITILプラクティショナーで高合格率を目指す研修です。研修開催実績とその結果を、第1回の開催より公開している唯一の研修です。

さらに「合格あんしんオプション」もご用意。さらに豪華ランチもご用意。おもてなし認証取得のダンゼンお勧め研修です。

 ITILプラクティショナーは、新しいシステムやITILの導入をスムースに進めるための知識とノウハウを修得します。ITILに限らず、新しいシステムや制度を、組織に適用するとき、必ずしもみんな賛成し協力が得られるとは限りません。反対する人々が必ず生じます。
 この時に必要な「組織変更の管理」「"抵抗勢力"とのコミュニケーション」などを学ぶ実践的なコースです。

 このコースは、すべて日本語で行います。講師・テキスト・試験すべて日本語で構成されています。

 ITILプラクティショナーに合格しますと、上位資格であるITILエキスパート研修の内、インターメディエイト(SOA、PPO、RCV、OSA)のいずれか1科目が免除されます。これまでは、全科目必須でしたが、希望する分野を選択できる形式に変更されました。弊社は世界で初めてこの形式に対応いたしました。

国内第1号認定取得
【合格率 No.1 !】
合格率100%
(目標値です)
【豪華ランチをご提供】
  • ドリンクサービスとして、自動販売機を無料開放しています。
  • さらに、これに加えて、昼食には豪華ランチをご用意致しました。
  • 冷えた弁当や社員食堂ランチではなく、高いご満足感を味わっていただき、午後の講義に臨んでいただけます。
【一気に合格を実現】
  • ほとんどの研修機関では、研修と試験日が離れており、その間に自宅での自習を要求しています。
  • アークでは、研修の最終日に試験を実施し、記憶の新しい間に一気に合格を実現しています。それが可能なアークだけのカリキュラム内容となっています。
【最高の費用対効果!】
  • 3日コース
     ◎18万円(税別)
    (公式書籍ITILプラクティショナガイダンス付)
  • 同 合格あんしんオプション付きコース
     ◎24万円(税別)
    (公式書籍ITILプラクティショナガイダンス付)

 この研修は、厚生労働省の「人材開発支援助成金制度」「特定訓練コースの若年人材育成訓練」および「一般訓練コース」の対象になっています。
 したがって、ハローワークに申請することで助成金が支給され、たとえば、8万9820円(税込)からと、非常に低額で受講できます。なお、助成額は企業や個人の条件により異なります。
 制度の詳細はこちら。または、会社の教育ご担当者にご確認ください。
 
試験概要 開催スケジュールとお申込み
  • 試験時間 135分
  • 出題形式 シナリオに基づき解答
  • 問題数  40問 4肢択一式
  • 合格ライン 70%以上の正解
  • 書籍持込 可                 
       (持ち込み書籍も、研修費用に含まれています)
  • 言 語  日本語
  • インハウス出張研修もお請けします
  • お申込みはこちら
    研修コースのオプション 受講者特典/プレゼント
    受講者の皆さんの声 研修コースの特徴
    • 準備中
    交通アクセス 研修時間とカリキュラム
    • 東京メトロ 丸ノ内線・南北線
        後楽園駅より4分
    • 都営地下鉄 三田線・大江戸線
        春日駅より2分
    • 3日コース 22.5時間

     ITIL®とは、IT Infrastructure Libraryの略で、英国政府が作成したITサービスの全体(戦略・設計・移行・運用・継続的改善)にわたるベストプラクティス集であり、国際的な標準となっています。また、ISO20000のベースともなっています。
     ITILの入門資格であるファンデーション資格は、国内の合格者数が15万人を越え、英国政府がまとめたITサービスのベストプラクティスの基礎を理解している能力を証明する入門資格としての定評を確立しています。
       ITILは、ITサービスに必要な管理を明確化し、これまで属人的に行われてきたノウハウを提供しています。このため、情報システム関係者の意思疎通がスムースになるなどのメリットがあり、経営者以下全社員が資格取得している企業も少なくありません。
     ITILの知識を身につけることにより、どの企業、どのクライアントとも、ITサービスの"標準語"で会話することが可能になります。

     ITILには、さらに上級のITILエキスパートと、このプラクティショナーがあります。

     ITILは、イギリス政府のOGC(Office of Government Commerce)が1980年代にVer.1を作成し、現在はVer.3の2011年版となるとともに、管理はAXELOS社に移管されています。

    ITIL® is a registered trade mark of AXELOS Limited.

    ◎このコースをお勧めする理由◎

    1. 目標は100%全員合格!
       アークのITIL®ファンデーション研修コース、ITIL®エキスパート研修コースは、ともに累積合格者率がほぼ100%の驚異的な実績となっています。受験者のみなさんは、まずは合格を目指されます。研修機関としては、これにお応えする義務があると考えています。そこで試験の難易度は構わずに「目標は100%全員合格!」です。
       これは、このコースも同じです。第1回の研修コースより毎回の開催実績を公表している唯一のコースです。研修内容に自信があります。
    2. このページの一覧メニューに戻る

    3. 出題形式に徹底準拠したケーススタディ学習
       ITILの導入は、知識だけでなく、実践力が重要です。したがって、ITIL®プラクティショナー試験はシナリオに基づいたケーススタディ重視の考えさせる内容となっています。
       そこで、本研修では、徹底したケーススタディ学習を取り入れています。本試験さながらのシナリオに基づくケーススタディ学習により、合格の可能性を飛躍的に高め、合格率100%の原動力となっています。  
    4. このページの一覧メニューに戻る

    5. 模擬試験による本試験への徹底対応
       ITIL®プラクティショナー試験は、シナリオに基づくほか、その構造も他の試験に類例のない独特の形式となっています。 したがって、その形式に慣れておかないと対応を誤る可能性が高くなり、知識があっても、合格は困難です。
       そこで、本試験と同形式の模擬試験を繰り返すことにより、形式に習熟していただき、本試験へ備えていただきます。
    6. このページの一覧メニューに戻る

    7. 「ITILプラクティショナガイダンス」を全員に贈呈
       ITIL®プラクティショナー試験は、「ITILプラクティショナガイダンス」が出題のベースになっています。また試験会場に持ち込むことができます。テキストは、出題シラバスを参考に、このガイダンスから出題可能性の高い部分を抽出し、より分かり易く解説しています。それに加えて、この「ITILプラクティショナガイダンス」も贈呈致します。
    8. このページの一覧メニューに戻る

    9. ハワイ旅行にペア1組様をご招待
       「よく学び よく遊べ」 がんばったご褒美として、ハワイ旅行にペア1組様を抽選でご招待します。
       最終日にLoto3方式により、全員参加の抽選会を行います。ただし、ご招待は、試験に合格することが条件ですよ(^_^)  
    10. このページの一覧メニューに戻る

    11. ITIL ®プラクティショナーのロゴ入りネックストラップを全員にプレゼント
      プラクティショナーのロゴ入りネックストラップ
       ITIL®プラクティショナーの有資格者である証を、いつも身につけていただくように、本革製の高級ネックストラップを全員にプレゼントしています。ITIL® Practitionerのロゴも入っています。
    12. このページの一覧メニューに戻る

    13. 受講証明書を発行します
       大型資格では、継続教育を要求するものが増えてきています。この研修も、数多い資格で継続教育と認められていますので、ご希望の方には、受講証明書を発行致します。証明書発行料は無料です。 ご希望の方は、申込時に備考欄に記載して下さい。後日の発行はできません。
    14. このページの一覧メニューに戻る

    ITIL®プラクティショナー研修費

    コース
    記号
    オプション 研修費 (税別)
    研修 試験 合格あんしんOP
              240,000円
    × 180,000円
    × × 120,000円
     この研修のすべてのコースは、厚生労働省の「人材開発支援助成金制度」の「特定訓練コースの若年人材育成訓練」および「一般訓練コース」の対象になっています。ハローワークに申請することで非常に低額で受講できます。制度詳細はこちら。または、会社の教育担当者にご確認ください。助成額は、企業や個人の条件により異なります。
    お申込みはこちら

    このページの一覧メニューに戻る

    多彩なオプション

    1. 「合格あんしんオプション」をご用意しました
       100%の合格率を享受していただくため、合格するまで何度でも研修 and / or 試験を受けることができるオプションです。最長、初回コース初日より1年間、何度でもコース・再試験に参加いただけます。試験は月2回を予定しています。
       万一の不合格の場合の追加費用は一切ありません。
        (ただし、試験手配後の自己都合による不受験は除きます。)
    2. このページの一覧メニューに戻る

    3. 「試験なしオプション」をご用意しました

      ITIL®の理解は必要だがライセンスは不要という方のご希望にお応えいたしました。

    4. このページの一覧メニューに戻る

    5. 完全無料「お試しオプション」をご用意しました

       「どんな研修なのか? 本当に自分にあった研修なのか?」という、お問い合せにお応えしました。

       通常どおり研修にご参加ください。1日目の研修終了時点で「引き続き参加する」か、「やめる」かをご判断下さい。

       もし、「やめる」を選択された場合は、理由の如何を問わず、一切のご請求は致しません。
       「引き続き参加する」を選択された場合のみ、ご請求をさせていただきます。

       お申込時の備考欄に「お試しオプション希望」と記載していただくだけで結構です。

       研修内容と実績に自信があるからご用意できる、弊社だけのオプションです。このオプションを選択されても、研修費はそのまま変わりません。

    6. このページの一覧メニューに戻る

    開催スケジュール

    ■ITIL®プラクティショナー研修 平成28年~30年

      
    開催日 定員 会場 備考 状況 申込み
    H30
    8月
    29日(水)~31日(金) 24名 東京・本郷 3日コース 受付中 お申込み
    H29
    12月
     4日(月)~ 5日(火) 24名 東京・本郷 2日コースm(_ _)m  
    H28
    11月
    21日(月)~22日(火) 24名 東京・本郷 2日コース 全員合格  
    7月 19日(火)~20日(水) 24名 東京・本郷 2日コース 全員合格  

    (注)各回の全員合格は、研修修了された方を対象としています。欠席などにより修了されなかった方、試験を受けなかった方などは対象外です。後日に合格された方は対象としています。

    このページの一覧メニューに戻る

    研修時間

      3日コース 9:00~17:30(22.5時間)

    このページの一覧メニューに戻る

    ITIL®プラクティショナー研修スケジュール

    第1日目 第2日目 第3日目
    9:00~ 9:30 オリエンテーション 9:00~ 9:30 前日の復習 9:00~ 9:30 前日の復習
    9:30~
     12:00
    【講義1】ITSM導入の原則
     ①ITILの基本概念
     ②ITIL活用の原則
     ③一般的な原則 
    【ケーススタディ No.1】
     ITSM導入の原則

    【講義2】継続的サービス改善のアプローチ
     ①CSIアプローチの概要
     
    9:30~
     12:00
    【講義3】測定と報告
     ①測定方法と測定基準
     ②アセスメント
     ③報告
     ④関連ツールの活用
    【ケーススタディ No.3】
     測定と報告

    【講義4】コミュニケーション
     ① コミュニケーションの重要性
    9:30~
     12:00
    【総合ケーススタディ】
     ① ITSM導入の原則
     ② CSIのアプローチ
     ③ 測定と報告
    12:00~13:00 昼食 (豪華ランチをご準備致します) 12:00~13:00 昼食 (豪華ランチをご準備致します) 12:00~13:00 昼食 (豪華ランチをご準備致します)
    13:00~17:30    (続き)
     ②各ステップの目的とアウトプット
     ③関連ツールの活用

    【ケーススタディ No.2】
     CSIのアプローチ
    13:00~17:30   (続き)
     ②コミュニケーションの原則
     ③関連ツールの活用
    【ケーススタディ No.4】
     コミュニケーション

    【講義5】組織の変更管理
     ①OCMの役割
     ②OCM活動と役割
     ③関連ツールの活用
    【ケーススタディNo.5】
     組織の変更管理
    13:00~17:30   (続き)
     ②CSIのアプローチ
     ③測定と報告
     ④コミュニケーション
     ⑤OCM

    【本試験】
       (2時間15分)

    【クロージング】

    このページの一覧メニューに戻る

    コースの定員

      最大24名

    研修会場・交通のご案内

    東京・本郷

     株式会社アーク エグゼクティブ研修センター
    〒113-0033
       東京都文京区本郷5丁目33番10号 いちご本郷ビル5階
        電話03-5577-5311
            研修会場への交通のご案内はこちらから

    出張研修・インハウス・オンサイト研修

      低価格で承っております。ご相談下さい。

    このページの一覧メニューに戻る

    ITIL®プラクティショナー試験の詳細

      問題数   40問 4肢択一式 (日本語)
      試験時間  135分
      出題形式  シナリオに基づく独自形式
      関連書籍持込み ITIL Practitioner Guidance(日本語)
      合格ライン 70%以上の正解
      受験資格  ITILファンデーション(Ver.3)資格
               お持ちでない方は、こちらのITILファンデーション研修を先に受講して下さい。
      模擬試験  研修お申込者に差し上げています。別途の参考書や問題集は不要です。

    このページの一覧メニューに戻る

    ITIL®プラクティショナー試験の内容

     ・継続的サービス改善の重要な役割であるITサービスマネジメントコンセプトの使用
     ・実社会コンテキストでのITSM基本原則の適用
     ・既定の組織コンテキストでの改善を管理するCSIアプローチの適用
     ・継続的サービス改善を可能にする基準や指標の使用
     ・継続的サービス改善を可能にする効果的な伝達

    このページの一覧メニューに戻る

    • セミナースケジュール
    • eラーニング

    お客様の声

    株式会社アーク

    〒113-0033
    東京都文京区本郷5丁目33番10号
    IKB本郷ビル5階
    TEL 03-5577-5311

    MAIL ark@mail.co.jp