HOME >  ITILの資格種類

ITILの資格種類

ITIL®は改版によって資格の種類も変わってきた

ITIL<sup>®</sup>は改版によって資格の種類も変わってきた

 ITIL®は継続的に改版が行われており、それにともなって資格の種類も変化しています。

 旧来のITIL® Version2は、サービスマネジメント導入計画立案・サービスサポート・サービスデリバリ・アプリケーション管理・ICTインフラストラクチャ管理・セキュリティ管理・ビジネスの観点の7冊ある本から、保守と運用分野の2冊(サービスサポート・サービスデリバリ)に焦点があてられ、資格体系もこれに準じていました。

 一方、現在の最新版であるITIL® Version3は、「ITサービスのライフサイクル」の視点でまとめられています。サービス戦略・サービス設計・サービス移行・サービス運用・継続的なサービス改善という5分野全5冊で構成されています。
対象となる分野が広くなっているため、資格体系も多彩になっています。

 ちなみに、ITIL® Version2で取得した資格は、移行試験を受けたうえでITIL® Version2からITIL® Version3へと移行も配慮されていましたが、現在では移行期間は終了しています。

ITIL®の認定試験

ITIL<sup>®</sup>の認定試験

 ITIL®を有効に活用できる人材を広く認定するために、ITサービスの実務担当者や、CIOを含む管理者を対象としたITIL®認定試験が行われています。
実務担当者向けにはITIL®ファンデーション試験があり、担当者はITサービスに対する技術力向上やITトラブルに対する柔軟な対応力などを修得することができます。

 CIOを含む管理職・マネージャ向けには、上級資格としてITIL®エキスパート試験があり、マネジメントの考え方や管理技法などを修得することができます。

 特に試験を実施しているEXIN社はオランダにあるため、試験で問われるマネジメント流儀は「アングロサクソン流」です。日本流ではありません。「アングロサクソン流」のマネジメントを体得したマネージャは、グローバル化が進む今日、企業としても個人としても貴重な人材であり、企業躍進の大きな推進力となることでしょう。

ファンデーション・エキスパートやプラクティショナなど、それぞれのレベルに応じた研修があり、これらの研修を受けることによって資格合格率がアップし、ITIL®に対する深い知識もしっかりと養われます。
ITIL®エキスパート研修はこちら
ITIL®プラクティショナー研修(日本語試験近日開始予定)
ITIL®ファンデーション研修はこちら

プロジェクトマネジメント研修やITIL®研修、クラウドファンデーション研修なら

クラウド研修の【株式会社アーク 】 概要

会社名 株式会社アーク
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷5丁目33番10号 IKB本郷ビル5階
電話番号 03-5577-5311
FAX 020-4664-3146 or 03-5577-5312
メールアドレス ark@gigamall.ne.jp
URL http://www.gigamall.ne.jp/ark/
業務内容 プロジェクトマネジメント研修、ITIL研修、クラウドファンデーション研修、アジャイルスクラム研修、PRINCE研修など。

ITIL® is a registered trade mark of AXELOS Limited.
PRINCE2® is a registered trade mark of AXELOS Limited.

  • セミナースケジュール
  • eラーニング

株式会社アーク

〒113-0033
東京都文京区本郷5丁目33番10号
いちご本郷ビル5階
TEL 03-5577-5311

MAIL ark@mail.co.jp